近年、世界規模でCO2排出量の削減等、環境問題への取り組み姿勢が強化され、企業においても事業に影響する重要な「経営課題」と位置付けられております。

日本国内でも再生可能エネルギーへの積極的な取り組みが注目を集めており、中でも「太陽光発電」は電力コストやCO2排出量の削減に繋がり、尚かつ、 SDGsやESG投資などの世界的な潮流への対応法という観点からも評価されております。

 

自家消費型太陽光発電システムで自家発電を行うことは、企業の当たりまえの時代でもあり、企業が世界や環境に対して背負う「経営課題」を解決するためのソリューションともいえます。

世界、そして時代の流れとなっている「自家発電」

企業の信頼と未来の環境のためにご検討下さい

世界中で広がる脱炭素への取り組み日本の電力事情、さらに災害が多発する社会的な背景があり、近年「自家消費型太陽光発電」の導入が急速に拡大しております。

〔脱炭素への取り組み〕

気候変動が一因と考えられる異常気象が、世界各地で発生しており、この課題に対し、世界全体で温室効果ガスの排出と吸収の均衡に向けた取り組みが加速しています。※

 

また、パリ協定と連動し、金融分野では、環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)を重視するESG投資が拡大しております。この流れを受け、産業界でもグローバル企業を中心にRE100やSBTなどに加盟し、積極的な再生可能エネルギーの導入・利用に乗り出す企業が増えています。

※日本においても、パリ協定で2030年までに26%(2013年比)、2050年までに80%、さらには今世紀後半のできるだけ早期に排出実質0を目指すとしています。

〔日本の電力事情〕

日本の電源構成の8割超は火力発電に依存しており、再生可能エネルギーの比率は2017年度実績で16%しかなく、脱炭素からは程遠い状況です。


2018 年の「第5次エネルギー基本計画」で、政府は2030年度の目標で、火力発電の割合を56%まで縮小するとしていますが、原子力発電の再稼働が危ぶまれているため、パリ協定の実現には再生可能エネルギーの導入をさらに加速させていく必要があると言えます。
 

各電力会社も脱炭素の動きを見据え、電力供給の再生可能エネルギープランを発表していますが、電力会社のプランのみでは日本産業界の脱炭素化の実現は厳しいため、太陽光発電などの設備を自社で積極的に導入していく必要があります。

〔災害が多発する社会的背景〕

近年では多発する大規模災害を受け、ライフラインの確保が見直されております。令和元年台風15号では千葉県で送電線の鉄塔が倒壊し、長期間停電の状態が続きました。

太陽光発電システムは自立運転機能が搭載されているので、停電時も日中の電源供給が可能になり、さらに蓄電池を追加することで、夜間も電気の供給も可能となります。

 

停電時に事務所や工場の機能を停止させることがないため、損害のリスクを回避することができます。
 

電気を「買って使う」のではなく、「創って使う」方が経済効果が高く、企業における電力コストの削減に繋がります。

〔CO2排出量の削減に直接的に繋がる〕

電力会社から電気を購入する場合、発電により発生したCO2は、電気を使用した企業が排出したものとみなされます。そのため、このCO2排出量を削減するためには、再生可能エネルギーによる取り組みが必要です。

 

CO2を排出しない太陽光発電をまずは自社で導入し、電力会社から購入する電力を削減。その上で足りない電力を電力会社から購入するにあたり、「再生可能エネルギープラン」への切り替えや、「Jクレジット制度」などの証書を購入するという選択を行うことをおすすめします。

〔補助金〕

■ 地域の防災・減災と低炭素化を同時実現する自立・分散型エネルギー設備等導入推進事業

会避難施設等に定められた施設への災害時にも活用可能な再エネ設備の導入を補助:民間補助率最大2/3

■ エコリース促進事業

一定基準を満たす、再エネ設備などをリースで導入した際に補助:リース料の総額2-5%

〔税制優遇〕

■ 中小企業経営強化税制

生産性を高める設備投資を支援し、稼ぐ力を向上させる取り組みを支援:即時償却又は10%の税額控除

■ 中小企業投資促進税制

生産性を高める設備投資を支援:取得価額の30%の特別償却または7%の税額控除

当社で太陽光発電や蓄電池を導入された企業さまの施工実績とインタビュー内容です。

​東京支社 支社長 吉川さま

​株式会社廣記商行さま

​〔太陽光発電システム&蓄電池導入〕

​・補助金額:費用の2/3の金額

​・削減額:年間の電気代約100万円削減

〔システム容量〕

太陽光:52kw / 蓄電池:100kw

 

〔補助金〕

東京都中小企業向け再生可能エネルギー補助事業による補助

​■ 太陽光発電を導入したきっかけ

​太陽光発電にはこれまで興味がありましたが、やはりコストの面でハードルが高く現実的ではないなという思いでした。しかし今回助成金制度により、2/3の費用が助成してもらえることを知り、その後押しもあって設置する決断をしました。

​■ 太陽光発電を設置した目的

「電気代のコストダウン」「停電時のリスク回避」が目的でした。今回、食品工場の屋根に太陽光発電システムを設置したのですが、「冷凍冷蔵庫」の倉庫であるため、停電時には冷蔵庫が停止してしまい食材が腐ってしまうリスクがあります。そのリスクを、太陽光発電システムと蓄電池を導入することにより回避できたのは、大きなメリットです。台風とか震災が続いているので、多大な金額を損害してしまう危険を排除できたことは、大きな安心となっています。
また、
世界的にSDGsの取り組みが進んでいるので、企業として対応できることを行いたいという思いもありました。環境問題以外にもSDGsが掲げる問題は多岐に渡りますので、今回の「太陽光発電の導入」がきっかけとなり、多くの場面でSDGsの取り組みに力を入れていきたいと思っています。

​■ 導入後の経済効果や意識の変革

​改めて経費の削減について社員全員が見直す良いきっかけになりました。特に電気料金では「どの時間帯に何に対して電力を使っているのか」を見直し、改善していく意識を持つことができました。「電気代をおさえていこう」から「電気を買わずに自社で創ったものを消費しよう」に考えがシフトしてきています。
企業として「持続可能なエネルギーを導入することが大事」とよく言われていますが、企業から動くことで、社員やその家族に考えを伝えていくこともできると思います。「電気代のコストダウン」という企業メリットはもちろん有難いですが、個々が環境に対して意識を向けられたことも、今回の導入の成果と言えると思います。

​■ サンエーを選んだ理由

​会社の説明を受けている中で、企業としての取り組み姿勢に共感が持てたことが一番の理由です。社長(当社代表取締役 庵﨑 栄)の意見として「有限資源(化石燃料)を使わない世界にしよう」という考えが面白いと思いました。SDGsの取り組みにも積極的であることを知っていたので、設置をお願いするのであれば環境問題を考えている会社にしたいと思い、依頼しました。
担当の営業の方のフットワークも軽く、課題を相談しやすい関係でありましたので、安心感や信頼を抱くことができたことも理由の1つです。

営業部 営業3課 課長 柴田さま​

総務部 副課長 木村さま​

アメリカン電機​株式会社さま

​〔太陽光発電システム&蓄電池導入〕

​・補助金額:費用の2/3の金額

​・削減額:年間の電気代約24万円削減

〔システム容量〕

太陽光:●●kw / 蓄電池:●●●kw

 

〔補助金〕

東京都中小企業向け再生可能エネルギー補助事業による補助

​■ 太陽光発電を導入したきっかけ

​もともと太陽光発電システムの導入には前向きで、以前は千葉の工場に設置することも考えていました。しかし当時はまだ太陽光発電が出始めの頃であり、設置コストが高く、効率も悪かったために断念しました。
そういった経緯もありましたが、今回
助成金が出ることと、昔に比べて設置コストが下がったことが相まって、設置を決定しました。費用の2/3の金額が助成されるのは本当に有難いですし「今がチャンス」という思いでした。

​■ 太陽光発電を設置した目的

​環境でISO14001を取得しているため、環境の保護には積極的でしたが、電力消費の削減で行き詰っていたことが設置の理由です。エアコンを止めるなど地道に電力の削減を行っていましたが「この先、どうすればもっと削減できるか」を考えた時、やはりハード面での設備投資は必須だと思いました。企業としての社会的責任を果たしたいという思いから、太陽光発電に行きついたのが実際です。

​■ 導入後の経済効果や意識の変革

太陽光発電で創った電力を積極的に使うため、社内のエアコンを家庭用のもの(100V)に取り換えるなど、運用方法を変えていきました。せっかく自社で電気を創り出しているんだから、まずその電力を使うように調整しています。できれば電力会社から買わなくて済むようにしたいです。
また、太陽光発電システムを稼働させたことにより、ISO14001の電気使用量の毎年の目標が上がってしまったため、その目標に到達できるよう、社員全員で電気の使い方を改善しています。今回は東京の事務所の屋根にパネルを設置したため、土日はほぼ電力を使用せず、蓄電池に貯めることができるという利点もありますので、蓄電池もうまく利用しながら、大きな削減に繋げられるよう工夫していきたいと思います。

また、2019年の千葉での台風15号により千葉の工場が長期間の停電の被害に遭い、そこで電気がいかに大切かに気づかされました。まずは本社(東京)での太陽光発電設置となりましたが、ゆくゆくは工場の方にも設置したいと考えています。本社より工場の方が製造部隊だから電気が大事ですので。

​■ サンエーを選んだ理由

一番の決め手は、助成金関連の申請を全部任せられることです。助成金の手続きは複雑であるため、とてもじゃありませんが個人だと無理という思いがあります。そこを代わりに対応してもらえることは、大きな決定打となりました。施工が終わった後も、想像と少し違っていた部分があったのですが、連絡をするとすぐに対応していただけたので助かりました。今後、アフターの部分(点検・メンテナンス等)のことも相談していきたいと思っています。

太陽光発電システムは、長い目でみれば利益がありますが、短期的には考えずらい、いわば「保険的な要素」も多くあります。これからの将来、電気の奪い合いや市場の崩壊が起こることも想定に入れて対応していかなければなりません。「太陽光発電システム」の導入は、会社が将来、安全に運営するための第一歩として考えています。

■ 世界・社会の「太陽光発電」に対する意識

■ 注目される「太陽光発電」の経済効果

〔10年以上の事業継続で太陽光発電にメリット〕

太陽光発電は、一度設置してしまえば日射がある限り、追加コストなく(メンテナンス費除く)発電し続けます。設置条件によって年数は異なりますが、およそ10年程度で電力会社から電気を買い続けた場合の費用が、太陽光発電の導入費用を超えます(補助金、税制優遇等は考慮せず)。

今の建物で10年以上事業を継続する可能性が高い場合は、太陽光発電を設置した方が経済的メリットが大きいと言えます。

また、太陽光発電の設置コストは近年劇的に減少していますので、今がまさに購入のチャンスと言えます。

定期的に適切なメンテナンスを行えば、長期間稼働させ続けることができますので、太陽光発電を設置することは「最安の電力のまとめ買い」と認識いただけます。

■ 補助金 / 税制優遇について

■ 導入企業さまのお声

​↓気になった方・もっと知りたい方はお電話を↓

​受付時間:平日9:00~18:00

​※「自家消費型太陽光発電」担当まで

TEL:046-828-3351

《 お問い合わせ 》株式会社サンエー

[本社] 〒238-0014  神奈川県横須賀市三春町4-1-10

[東京本店] 〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-15 9階

TEL:03-6402-4136

[千葉支店] 〒299-1162 千葉県君津市南子安7-8-13

TEL:0439-27-1907

[松江支店] 〒690-0826 島根県松江市学園南2-2-8 キムラビル105

TEL:0852-28-1101

[八戸支店] 〒39-1114 青森県八戸市北白山台4-5-5

TEL:0178-51-9890